--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
FC2ブログランキングへHandmade Blog  
2007'08.13.Mon

Fake

先週末に見に行ったもの。 語りまっせぇ。長いですぜぃ。

「竹久夢二展」(島根県立美術館)

竹久夢二の描く人物の顔立ちや体型といったものが、どうも昔から受け付けず、なんだか全体的にのっぺりと間延びした感じだよなぁ・・と思ってました。
ただ、夢二のグラフィックデザインはとても好きでして、飽きずに本を眺めてたりします。
今回の展示も、そのグラフィックデザインと着物の着こなしを鑑賞する目的で行きました。

初めはやっぱり「ふーん」くらいの感覚で見ていたのですが、
大半の作品からは、今までうけてた「のっぺり感」が感じられません。
絹地や紙に彩色された作品は、線も色合いも非常に繊細で、淡い中にも陰影がはっきりと描き出されています。
そして、表装のデザインがとてもすばらしい。夢二らしく、チェックやかわいらしい花柄など、普通の日本画ではあまり使われないようなデザインの生地が表装に使われています。
「あ、この作品ポスカにあったら買って帰ろう」と数点を心に留めておいて展示室から出て、販売コーナーへ。
「・・・あれ?ワタシの欲しいのどれだっけ?」
ポストカード売り場には「のっぺり」なものばかり。
心に留めておいた作品のポスカもあったけど、やはり買う気になれず、セノオ楽譜のポスカを数枚購入。

結論『夢二の良さは実際の作品を見ないとわからない』

そして、もう1カ所の行ったところ。

「出雲キルト美術館」

ここは島根県出身のキルト作家、八幡垣睦子さんの作品を、築地松に囲まれた古民家に展示されているという美術館。

古民家の風情と作風がぴたっとはまっていて、ある部屋では癒され、ある部屋では凛とした緊張感を与えてくれる。
しかし、1人のキルト作家の作品展示で、展示数は乏しい。
これは美術館といって、い い の で す か?
八幡垣睦子キルトギャラリーでいいんじゃないの?
美術館とギャラリーの定義をのべよなんて言われちゃうと、ちょっとモニョりますが、キルト美術館と謳うからにはもう少し展示作品の充実を図ってほしいです。

グラントワ内の石見美術館はファッションの企画展も多くやってきているので、一度ちゃんとしたキルト展を島根で開催してもらいたいものです。海外のアンティークキルトとかも取り寄せたりして、ね。


スポンサーサイト
./Daysトラックバック(0)  コメント(0)
FC2ブログランキングへHandmade Blog  
2007'08.04.Sat

松江水郷祭

yukata.jpg

自力で本当に着られるか不安でしたが、1時間近くかけて何とか着ることができました。
手順を意外に覚えていた自分にびっくり。
鏡とにらめっこしながら、「あれ?なんでココはこんな感じ??」
と、気づいたら同時にやるべき所作を思い出してやりなおしたりして。
子供の甚平は去年作ったモノ。来年は・・・作らないといけないかなぁ。

着付け教室に通い始めると、人の着こなしが気になるようになりました。
中高生の女の子達、浴衣や帯の組み合わせや小物使いがすごく可愛いのになぁ。上手に着付けてもらえると良かったのにね。
私もまだまだなので、精進せねば。

yami.jpg

花火が始まる数分前。みんなのワクワク感で暮れていきます。

hanabi.jpg

花火は撮るのむずかしい。
和のくらし+てしごと+古いものトラックバック(0)  コメント(0)
FC2ブログランキングへHandmade Blog  
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。